交通事故を起こしてしまったら

頼れる弁護士交通事故の被害者は、通院費や物損関連の費用、失った収入、慰謝料などを相手に請求することができます。
これが交通事故の損害賠償請求で、請求する内容や金額については被害者と加害者が話し合う示談交渉で決められます。

 

この交渉では、加害者は自動車保険に付いている示談交渉代行サービスを理由するので
実際の話し合いは被害者と加害者の保険会社との間で行われます。

 

保険会社は加害者が被害者に支払うべき賠償金を代わって支払う立場ですから、賠償金の額はできる限り抑えたいところです。
そのため、被害者が一人で交渉にあたると見ると安い賠償金で早期の合意を求めてくる可能性があります。

目立ちにくい

 

提示された賠償金額でそのまま応じてしまうと、被害者は損をしてしまう可能性がありますので要注意です。
そこで交通事故の被害者になってしまったら、交通事故を専門にする
弁護士の先生に相談をして交渉を代行してもらうのが一番です。

こけ

 

弁護士の先生なら、相手の保険会社に提示された金額をチェックして不足があれば正当に計算し直して
被害者が損をしないように交渉してくれるので、最初に示された賠償金の額が大幅にアップするとうメリットがあります。

 

また弁護士の先生に示談交渉の代理人になってもらえば、被害者の方は煩わしい交渉から解放されて
怪我の治療に専念できるのも大きなメリットです。