万が一の交通事故に備えて知っておきたいこと

菓子折り

頼れる弁護士交通事故の加害者になってしまった場合、事故発生直後はショックを受けていたり、
警察や保険会社の対応に追われてしまい、十分にお詫びができないことが多々あります。

混乱状態


そういったときは後日でも遅くありませんので、きちんとお詫びをしましょう。

交通事故の程度にもよりますが、菓子折りなどを持参して直接謝罪ができれば一番良いです。

交通事故の謝罪のマナー|被害者と加害者の常識の相違に注意

交通事故は誰もが巻き込まれるトラブルです。
そして他のトラブルとの違いは、ドライバーの全員が加害者に
いつでもどこでもなってしまう可能性があります。

もし加害者になった時は誠心誠意、被害者の方に謝罪しましょう。
最近は最初から弁護士や保険会社のスタッフに丸投げをして、被害者の方に一切謝罪せず
コンタクトさえ取らない方も増えてきました。

合理的な選択ではありますが、冷たい対応をすると返って揉める原因になりやすく、感情的な対立が激化します。

過失割合が微妙な場合こそ積極的に被害者のもとに訪問して、誠心誠意誤った方が双方の未来にとってプラスです。
常識は世代や環境等で変わるものであり実体験等をもとに、真心が伝わる誤り方を考えて早めに被害者宅を訪問しましょう。

その際、迷惑にならない時間帯と曜日を選ばなければいけません。
菓子折りなどの物は基本的に必須です。

ドライバー本人だけで訪問するのもダメではありませんが、感情的な話し合いを避けるために
信頼が出来る第三者や専門家の方と一緒に出掛けるのがベターでしょう。

冷静に考えて行動する


お伺いをすることができない場合は、一筆添えてお送りするようにしましょう。
この際、注意したい点は金銭のやり取りはしないことです。
相手が怪我をされた場合などは、せめてもの気持ちとしてお見舞い金を渡したくなるかと
思いますが、保険会社が手続きをするところですので、混乱を生じないためにも
任せておくようにしましょう。
お金は渡さないように

 

交通事故後は相手もショックが大きく、心ないことを言われることもあるかもしれませんが、
一番大事なことは誠意を見せることですので、お詫びの気持ちをきちんと伝えるようにしましょう。

 

謝罪についての法的なきまりは何もありませんが、事故を起こしておいて、
まったくのお詫びもないというのは、心理的にもちろんいいものではありません。


ただし、何日にどのような内容の菓子折りを持って行ったか、などの記録はとっておくようにしましょう。
のちに検察庁からの呼び出しの際にくわしく聞かれることになるからです。

被害者に対してどのように接したら良いのか、どこまで対応していいのかが
わからない場合は、そういったことも合わせて弁護士に相談してから
行動するようにしましょう。


当事者同士に問題はなくても、家族が入って話がややこしくなる場合もあります。
余計なトラブルを避けるためにも、個人の判断による行動は極力避けましょう。

流れで