万が一の交通事故に備えて知っておきたいこと

刑事裁判

頼れる弁護士現在、多くの方が車を利用していると思われます。
首都圏は鉄道が至るところまで整備されているので無くても構いませんが
地方では、ないと生活できなくなる人が少なくありません。

車と生活


ただ、車は便利な交通手段なのですが、一方で交通事故を引き起こしてしまう
リスクがあるので注意が必要です。

運転する側がどれだけ注意を払っていても、予期せぬ事態は
避けられません。特に子供は注意力も弱いため、飛び出してきて
大変な事故になってしまう可能性も十分にあります。

また、人間である以上、ちょっとした不注意や、仕事などの疲れによる
居眠りをしてしまうこともあり、交通事故は決して他人事ではありません。

事故の危険性

全国の自動車保持者の割合|高い県・低い県の特徴

全国の自動車保持者の数といった調査は、自動車検査登録情報協会がおこなっています。
平成27年には一世帯当たりの自動車の保有台数は約1.069台でした。


一世帯当たりの自動車保有台数は、年々減り続けています。
これには核家族化も大きく影響しています。


例えば三世代6人家族で3台保有している場合は、一世帯当たり3台となりますが、
世帯分離して三世帯に分かれた場合は、一世帯当たり1台にもなり得ます。


一世帯当たりの自動車保有台数は年々減り続けてはいても、自動車数自体は増え続けています。
自動車を運転する人は、交通網が発達した東京都などでは減っていますが、
他の道府県では増えていると見られます。


車は増え続けているということを認識し、交通事故のリスクも常に踏まえておくことが大事です。
万が一交通事故を起こしてしまった場合は、任意保険会社任せにせず、弁護士に相談するのが望まれます。


任意保険会社の第一の目的は、自社負担をなくすことですから、被害者に手厚く
賠償したいと望んでも、最小限の補償すらしようとしない場合もあります。

被害者は一般的に事態が複雑化するのを望んでいませんが、非情な対応をしていると
加害者の責任を捨て身で追及しようとすることもあります。


穏便な着地点を探るのに、弁護士は欠かせません。

費用をかけてでも弁護士に頼る

人の命を奪ってしまう等の大きな交通事故を生じさせてしまった場合は、
刑事裁判で審判を受けることになります。
そこで、刑事裁判に至ってしまった場合のアドバイスがあります。


それは何かというと、交通事故が得意な弁護士に依頼することになります。

 

刑事裁判となれば弁護士に依頼することになりますが、誰でもいいわけではありません。
それぞれの弁護士に得意な分野があるので、交通事故を得意としている人に
依頼することが重要です。


どんな弁護士に依頼するかによって判決内容が大きく変わってしまうケースは
少なくないので、適当に選んでしまうのはナンセンスだと言わざるえを得ません。

 

優秀な弁護士は費用が高くなってしまいますが、多少の出費は仕方ないと考えてください。

 

大事なのは、少しでも自分に有利な判決を勝ち取ることができることになります。

優秀な弁護士は現地に足を運んで数少ない疑問点を見つけてきてくれるので、
お金をかける価値があります。


あまりお金をかけたくない考えは理解できなくもないですが、何が大事なのかを
しっかり考えて選択してください。後悔してからでは遅いのです。