万が一の交通事故に備えて知っておきたいこと

示談を依頼するメリット

頼れる弁護士交通事故の被害者は、通院費や物損関連の費用、失った収入、慰謝料などを相手に請求することができます。
これが交通事故の損害賠償請求で、請求する内容や金額については被害者と加害者が話し合う示談交渉で決められます。

 

この交渉では、加害者は自動車保険に付いている示談交渉代行サービスを利用するので
実際の話し合いは被害者と加害者の保険会社との間で行われます。
しかし、ここでもトラブルに発展することは非常に多いです。

基本的な自動車保険の補償内容|補償範囲の違いに注意

自動車保険には加入が法律により強制されている自賠責保険と、
加入するか否かを任意で決めることができる任意保険の2つがあります。

ただしこのふたつは補償範囲、補償内容が異なっています。
簡単に言うと自賠責保険は、交通アクシデントによって発生した相手方の体に対する損失のみをカバーします。

ですが、その補償金額には限度が設定されています。
一方の任意保険は、相手方の体への損失は勿論のこと、自動車などの物への損失もカバーします。

加えて自分や自分の自動車に同乗していた人、また自分の自動車に発生してしまった損失もカバーしてくれます。

そして多くの場合、相手方または自分の体への損失に支払われる補償額は無制限であるのが自賠責保険との大きな違いです。
更に様々なオプションを付け加えることができ、より補償範囲、補償内容を充実させることができるのも特徴です。

実際の交通アクシデントにおいては、自賠責保険だけの補償では足りないのが現状です。
よって任意と言えども、こちらの保険にも加入が必須だと言えます。

事故発生時にするべきこと

まず、事故に遭った直後に、相手の連絡先や身元をしっかりと確認しておく必要があります。
特に被害者になった場合は、勤め先などの必ず連絡がとれる情報をつかんでおきましょう。
そして一刻も早く病院へ行くこと、弁護士へ相談することが重要です。

弁護士への相談料

個人でなんとかしようとしてしまうと、損をするケースが多いです。
保険会社は加害者が被害者に支払うべき賠償金を代わって支払う立場ですから、賠償金の額はできる限り抑えたいところです。
そのため、被害者が一人で交渉にあたると見ると安い賠償金で早期の合意を求めてくる可能性があります。

 

提示された賠償金額でそのまま応じてしまうと、被害者は損をしてしまう可能性がありますので要注意です。
そこで交通事故の被害者になってしまったら、交通事故を専門にする
弁護士の先生に相談をして交渉を代行してもらうのが一番です。

交渉を代行してもらう

 

弁護士の先生なら、相手の保険会社に提示された金額をチェックして、不足があれば正当に計算し直して
被害者が損をしないように交渉してくれるので、最初に示された賠償金の額が大幅にアップするとうメリットがあります。

 

また弁護士の先生に示談交渉の代理人になってもらえば、被害者の方は煩わしい交渉から解放されて
怪我の治療に専念できるのも大きなメリットです。