万が一の交通事故に備えて知っておきたいこと

加害者

頼れる弁護士皆さんは交通事故を起こしたことはありますか。または交通事故に遭ったことはありますか。
ことの大小に関わらず、交通事故に遭うと肉体的にも精神的にもダメージを負うことは間違いありません。

ダメージが大きい


被害者になった場合、ケガをしたり車や自転車、バイクなどが破損したり
物理的なダメージもありますが、実は被害者と同じくらい加害者の方も
大変な目に遭うことを御存知でしょうか。

飲酒運転や暴走車などは論外ですが、中には急な飛び出しによる事故や
雨の中でのスリップなどにより、細心注意を払っていたつもりが
加害者になってしまうケースもあります。

 

まずは事故の過失度合いによっては禁固刑に処されることは御存知かと思いますが、
一家の主である世帯主が交通刑務所に入るだけでなく、被害者に対して
慰謝料を支払ったり、謝罪を含め家族にも辛い思いをさせてしまいます。

民事、行政、刑事責任|加害者が負う3つの責任

交通事故の加害者は、異なる責任をそれぞれ負います。

代表的なものは、民事上の責任です。
一般的には、加害者が加入する任意保険の交渉担当員と被害者が話し合い、
損害賠償という形で支払う方法を模索する示談で解決します。

しかし、被害金額や慰謝料の金額、過失割合、後遺障害の認定などで
意見が合わない場合には、調停や裁判といった法的な手続きに発展します。

また、行政上の責任としては、行政処分が科せられます。
交通違反を犯した場合の反則金や免許停止などが、これに該当します。

そして刑事責任においては、人身事故を起こした加害者に刑事処分が科されます。
刑事処分の手続きは、強盗や傷害を犯した者と同じになります。

事故の内容によって、懲役刑や禁錮刑、罰金刑が科されます。
さらに、業務上過失致死傷害罪、過失運転致死傷罪、危険運転致死傷罪などの場合は
より重い懲役刑が科されることになります。

被害者にとっては民事上の責任である損害賠償が中心となりますが、
加害者は行政上の責任と刑事責任も負っています。

安全に気をつけていても加害者になりうる

まさかの状況で加害者になってしまった方の中には、その後生きた心地が
しないというほどに、悩み苦しまれている方もいます。
被害者のためにどうすべきかを考えても、答えはありません。

加害者の苦しみ

 

交通事故は被害者、加害者が共に不幸になることを忘れないでください。
防ぐことのできる事故は、極力防げるように気を付けるのが、
運転をする人の基本の基本です。


飲酒運転やながらスマホ、わき見など。
「これぐらいなら大丈夫だろう」という気のゆるみが大事故、一生の後悔につながりかねません。

最初に車を運転したときの緊張感を大切に。
誰かの命を奪ってしまうような乗り物を運転しているという事を忘れずに。