万が一の交通事故に備えて知っておきたいこと

事故に遭う確率

頼れる弁護士皆さんはこれまでの人生の中で交通事故に遭遇したことはありますか?

ことの大小に関わらず交通事故には遭わない方がいい、むしろ遭いたくない、というのが本音ではないでしょうか。
交通事故に遭遇

 

しかし、新幹線や飛行機、電車やバスなどといった様々な交通機関がある中で、
一番身近な上に事故が起こる確率が最も高いのが車の運転です。

特別なライセンスが必要ではない上に、歩行者や自転車などといった周囲への注意も
全て個人で行われる上、健康面も自己管理であることから、考えてみれば
車の運転が常に交通事故と隣り合わせであることは当然と言えます。

では人間の一生の中でも交通事故に或る確率はどのくらいあるのでしょうか。
自分の過失で起こしてしまう事故と予期せぬ場所、タイミングで起こしてしまう交通事故、
タイプは異なれども10人に1人の割合で事故には遭遇しているようです。

事故の割合

ただし、自転車と車が軽く接触したものから生命の危険があるバイク事故、
自動車事故などあらゆる事故を含めての確率です。


いずれにしても交通ルールをしっかりと守り、お互いに譲り合いの精神を持っていれば
事故は減るでしょうし、起きなくなるのではないでしょうか。

交通事故はなぜ起こったのか?原因別ランキング

警察庁交通局の統計によりますと、平成26年中の交通事故発生状況を見る限り
近年来の事故内容に変化はない様子ですが、変わらず、若年層の事故が顕著であります。

特に、運転免許証を取得したばかりの若者が、アルコールによる
飲酒運転で検挙されるケースが多く見受けられます。

交通事故は、加害者の社会的に責任の重さだけにとどまらず、被害者への補償、
精神的苦痛など様々な痛みを伴ってしまいます。

道路交通法70条にあるように、安全性運転義務違反から切符をきられるケースが増えています。

バイクでのケースが多いのですが、近年の警察は自転車でも取り締まりを強化しており、
路肩運転で注意を受けたり、ヘルメットの着用違反で切符を切られたり、
中学生から違反の対象となってしまうような状況にあります。

法律で定められたことですので、国民にとっては守るべき義務があります。

自身の運転に対する安全意識を高めるとともに、他者への配慮が不可欠な法律であります。
互いが心地よく安全運転で交通ルールを守り、事故の無い交通社会が訪れることを願いながら
まずは自身が不特定の方々に被害を与えることが無いように意識したいものです。

その先に交通安全があるのではないかと考えます。

 

マナーを守っていても避けられないのが交通事故

先ごろ、自転車の運転に関しての法規制が厳しくなりました。
面倒だなあと思う反面、自転車でも死亡事故につながるのはよく聞く話。


特にながらスマホや飲酒運転は、やはり取り締まられたほうがいいでしょう。
避けられる事故は、もちろん無くしていきたいものです。
それでも、遭遇してしまう事故もありますから、それについての基礎的な知識は
もっておいたほうがいいです。

また、こちらがどれだけ気をつけていても、相手の不注意による事故は
避けようがありません。


そのような事態が起こったときに、すぐさま頼れる弁護士を見つけておくのが得策でしょう。