万が一の交通事故に備えて知っておきたいこと

頼れる弁護士

依頼の相場

 

交通事故に遭遇した場合は当事者同士では解決しにくいものもあるので、
基本的には弁護士に相談・依頼するようになります。

 

弁護士に相談となると費用面を気にされる方は非常に多いようですが、
交通事故案件に関する弁護士への依頼でかかる費用の相場としては
まず相談料としておよそ5千円程度がかかってきます。
弁護士にかかる費用


そのあと着手金を支払うようになっており、こちらの相場がおよそ20万円が
妥当であると言われているようです。

ただし着手金は初期の活動費となっているので、解決までにかかる時間や調査によっては
後で請求される可能性もあります。


中には相談料を無料にしているところもありますので、
まずはどんな内容があるのかだけでも調べておくと良いでしょう。


そして最終的には成功報酬として、取得することができた賠償金や慰謝料に対して
およそ10パーセントほどを支払うようになっています。

 

これについては相場と言うものは存在していないので交通事故の内容によって異なっており、
この成功報酬を抜いて費用の平均を計算してみると
着手金の20万円と相談料の5千円が一般的だといえます。

 

ただし最近では着手金を請求しない弁護士も増えているので、もっと安くなる可能性もあるようです。
また、弁護士費用だけではなく、依頼することによってどういったメリットがあるのかも
合わせて知っておくとより安心です。

調べておく

交通事故の治療費が打ち切られる理由と対処法

弁護士事務所に多くの相談が寄せられているケースとしては、交通事故の被害者に対して
保険会社から治療費が打ち切られてしまうという件についてです。


まず、交通事故の被害者になり、病院での治療費を受けられなくなってしまう場合について紹介します。


交通事故の影響によって病院に通院し、その後症状が完治した場合には、
それ以上加害者に対して治療費を請求することはできない、ということは
おわかりいただくことができるでしょう。


症状が完治しているので、それ以上治療をする必要がないことから、
加害者であっても完治した以上は治療費を支払う義務を負いません。


次に、症状固定という状況になった時には、加害者がそれ以上の
治療費の支払い義務から開放されることになります。


どういう状況かと言えば、治療を行ったとしてもそれ以上に
症状が回復する見込みがない時に症状固定という状況になります。


しかしながら、これ以外の状況において交通事故の治療費が打ち切られた場合であっても、
被害者の治療費の請求権が消滅することにはならないので安心することができます。


いきなり治療費が打ち切られてしまった場合、被害者側に損害が発生することから
弁護士を通じて治療費の請求が可能です。